2010年6月8日火曜日

まだまだ続く、長距離長時間乗車


Ekspres Rakyat は朝7時45分にシンガポールを出て、夜10時近くにバタワースに着くという長距離長時間運行の列車です。今回、僕はタイピン Taiping まで乗りますから、12時間も車内にいるわけです。車窓を眺めたり、おっちゃんと話したりしても、まだまだ長いなぁ、と感じました。
 
ゲマス Gemas ~スレンバン Seremban の区間は複線化工事が進んでいて、赤土丸出しで工事の真っ最中というところも多く、徐行運転する区間も多くあります。タンピン Tampin 駅は二番線ホームが撤去されていたし、川にかかる橋梁の建築もかなり進んでいるようです。複線化が進むのはよいことだけれど、工事期間中は外の景色が退屈になってしまうのがちょっと残念。
 
video
Seremban 駅到着前アナウンス
 
スレンバンを出ると複線区間に入り、だいぶ速度も出してきました。すれ違ったり、追い越したりする KTM コミューターの電車は真ん中1両が女性専用車両になっていましたが、予想通り男性客もだいぶ乗っています。ここマレーシアで「女性専用車両」を定着させていくのはなかなか難しいんじゃないかな?
 

午後3時前、KL Sentral 駅に到着。今回目立った遅れはなく、ここまでやってきました。1等車の車内もだいぶ乗客が入れ替わります。車掌さんたちもここで交代のようです。
 

KL Sentral に続いて、Old Kuala Lumpur 駅に停車したあと、列車はまた速度を上げます。これから先、イポー Ipoh まで3時間は新たに整備された複線区間が続きます。イポーの一つ手前の駅がバトゥガジャ Batu Gajah で、おっちゃんと奥さん、お母さんは降りていきました。食事をご馳走になり、いろいろお話にも付き合っていただき、ほんとうにありがとう!
 
イポーを出ると日も傾き始め、カーテンを閉める人も多い。クアラカンサー Kuala Kangsar を過ぎたあたりで日は完全に落ちました。タイピン到着ももうすぐです。

0 件のコメント:

コメントを投稿